f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161004090955j:plain

LPは好きだが現実問題としてCDで買い直した場合はその大半は売ってしまう。割り切れば結局それで支障がないことのほうが多い。が、本作はそういうわけにいかない。なぜならCDとは明らかに音響が異なるからだ。A/B面、C/D面の各々境目がCDでは途切れていないのでマスターテープから作り直したのだろうけど、そのついでに妙に大人しい音にしちゃったらしい。なぜ?。LPは鼻血が出そうなド迫力の素晴らしい音です。