バッハのインヴェンションくらいピアノが弾ける父に「きよしこの夜」のアレンジを頼まれた。

どうやらクリスマスに人前で弾く事になったらしい。 

「きよしこの夜」と言えば、クリスマスソングの定番中の定番。 

でも、実はこの曲、アレンジが地味に難しい。

なぜなら、最初の  ”きーよぉしー こーのよーるー”  の部分は、同じコードが4小節も続いていて変化を出すのが難しいからだ。

itunesやYoutubeなどでいろんな人のアレンジを聴くと、この4小節にいろんな工夫がされていてとても面白い。

シンプルに同じコードを引き続ける人もいれば、ダイアトニックにそってコードを上昇or 下降してみたり(ex. C Dm Em...あるいはC Em/B Am...みたいに)、全く新しいハーモニーになっていたり、ウォーキングベースやブルースっぽくアレンジされているものもたくさんあった。

みんなこの「魔の4小節」に試行錯誤しながら挑んでいる。

 

私なりの「魔の4小節」はこんな感じ。

f:id:pianeco:20161223025228p:plain

気をつけた点

・メロディを壊さないようになるべくシンプルに

・元のコードから離れすぎない

・1−2小節目と3−4小節目が全く同じコードの繰り返しにならない

・5小節目のF7にスムーズに動ける

・ちょっと練習すればすぐに弾けるくらいの難易度

 

ダイアトニックだけど、これだけコードの変化があれば飽きないと思う。

楽器がある方は是非この「魔の4小節」に挑んでみて下さい!

 

ところで、父は弾けるようになったのだろうか・・・

www.youtube.com

f:id:ninosan:20161031080751p:plain

クリシュナ君で侵入した瞬間に「あ、転生ミネさんの方が良かったな」と思ったのだが、まあ大きなピンチもなくクリア。ボスでスキル封印してくるので耐性だけはちゃんと確保したい。先制割合ダメージも多いので回復が低いPTも避けよう。

f:id:ninosan:20161031080947p:plain

 下着の通信販売が主力のシャルレ(神戸市須磨区)は20日、同日から神戸市営地下鉄の三宮駅で同社の広告で埋め尽くす「ステーションジャック広告」を同日から26日まで展開すると発表した。この間の地下鉄三宮駅は、広告の掲載場所に原則としてシャルレの広告だけを掲出するようだ。

 24日に発売する新製品「美意識ブラ」のキャンペーンの一環。ホーム、コンコースの柱や壁面をシャルレのシンボルカラーであるシャルレワイン(明るめのワインレッド)を張り出し、新製品をアピールする。地下鉄三宮駅は1日平均6万1000人程度が利用する。

 

日刊スポーツに掲載された森直美さんの記事2 です。

 
きのうは、予定通り内部の検査が実施され、
営業さん2人、監督さん、インテリアさんの4人で
クロスの隙間、フローリングのキズなどがチェックされました。
 
 
結構な数の補修箇所があるものの、軽微な補修で済むものばかりとのこと。
予定通り引き渡しができそうです。
 
 
引き渡しは2011年11月11日の予定。
1がたくさん並んで覚えやすい日になっています。
 
 
 
 
 
 
ロフト階段の下の部分。
 
LED足元灯が付いたコンセント「LBJ70096」を配置しました。
暗くなると勝手にLEDが点灯します。
 
価格は3000円ちょっとで安いと思ってたくさん付けましたが、
あとで電灯配線(約3000円)が別途必要なことに気づきました。
 
結局、安くはない買い物になり、ちょっとガックリ。
 
ま、消費電力は0.5Wなのでかなり省エネにはなりますが…
 
 
 
 
 
石膏ボードが貼られてからロフトに登るのはきのうが初めて。
 
 
ロフトの中に床暖房とセットになったエアコン室内機(RAY)を設置。
 
夏場には、ロフトからLDKを冷やすことができるように…
と思っていますがうまく冷えるかどうかはやってみないと分かりません。
 
 
 
 
ロフトからの景色はこんな感じです。
 
 
下にはキッチン、上には天窓とシーリングファン&ライト。
 
 
シーリングファン&ライトは、7年ぐらい使用している生産中止品です。
 
かなり古いのですが、買い替えると高いのでそのまま使用することにしました。
 
 
 
 
暗くなってシーリングライトを点灯させるとこんな感じです。
 
 
インテリアさんも納得するいい雰囲気になりました。
 
 
電球の交換が大変そう…
とツッコミがありそうですが、電動昇降機が付いているので問題ありませんよ~
 
 
電動昇降機。一番小さなものなので取り付け工事込みで5万円程度。
高いとみるか安いとみるかは意見が分かれそうですね。
 

ポチお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:n-yamaguchi469:20151029185815p:plain

 

なんていう、挑発的タイトル。

珈琲屋たつきちこと

奥田達貴くん。

 

 

美味しい珈琲を求めて

世界一周しちゃいました。みたいな

なかなかぶっとんだ子。

 

しかも世界一周したとき

ふにゃふにゃのリュックひとつ

だったらしい。

 

 

リュックっていうか

ナップザックくらいの大きさ

 

で、

 

slowlifecoffee.blog.jp

 

で、なんやかんやあって

(よく知らないので

帰ってきたら根掘り葉掘り聞くつもりです)

 

北海道にいたのですが

それが愛知に戻ってくるようで。

 

 

世界一周したあとに

「就職」という選択肢を

一旦やめた仲間なので

大事にしたいと思っています。

 

 

先日彼が名古屋でまだ

スタバ店員さんしてたとき

珈琲講座を受けに行ったことがあるのですが

 

 

人生で初めて珈琲飲んで感動しました。

 

 

 

珈琲の話が聞きたい!

世界一周するときに

どうやったらそんなに少ない荷物で

行けるのか知りたい!!!

 

というあなたは紹介しますので

ぜひ会って話してみては。

 

 

 

今日は寒いですね…

 

ローソンでタダコーヒーやらタダLチキやら
マックでタダアイスコーヒーをもらう日々であった。

さて大樹町のロケットであるが

NHK……ポリエモンはちょこっと映るがほぼ相手にしてない

AX……バンキシャでポリエモン100%除去。0.1秒も映らないので故意に除去していると感じる

RX……ポリエモンロケットという見出しに牙

となんだか温度差がある。ポリエモンとAXと言えば「委員会」で呼びつけて(あれはよみうりテレビだが)好き勝手けなしまくってた記憶があるが、やはりその流れなのか。

ファイアーエムブレムヒーローズ

気がつけば7月ミッション終了まで32時間を切った。毎月同じなのだが重装で15回勝利以外は全部達成である。正直手持ちの重装では色々不足しているので8月も同じミッションなら未達成だろう。しかしこれだけのためにゼフィールを★5にするのは抵抗がありすぎる。

 

 柊木りおって人は地下アイドルではあるんだけど、その活動の仕方なども含めて一般的な地下アイドルとは何か違う感じがある。ファンとの異常な距離の近さとか少々異常なほどにいろんなランキングや記録にこだわるとことかたまにやるワンマンライブの異常な豪華さ等々、正直クラブ活動の延長みたいな雰囲気もある地下アイドルにはないマジ感というか必死感はある意味ファンを選んじゃってる気もしますが、それはそれで一つの特色ではある。

 

 で、その柊木りおのワンマンです。りおりおの熱心なファンというわけでは決してなく、たまたま知り合いがチケットを余らせてたのでその恩恵に預かっただけではあるんですが、これがなかなかにおもしろいライブだった。

 

 今回のライブはバンド編成でのライブ。ワンマンなんかだとけっこう生バンドで!というアイドルもいたりするんで、特別珍しいことではないんですが、正直ここまでバンドが似合ってるアイドルライブはなかなかないんじゃないかな?というくらいこのバンド編成でのライブがよかった。中身は違うんだけど、個人的には新谷良子のライブを思い出しました(単に数年前に同じ会場でやった新谷良子のライブを思い出しただけかも知れませんが(笑))。

 とにかく、りおりおの唄がバンドに負けてない。これ実はけっこうスゴいことなんじゃ?と思ったり。大抵のアイドルの場合、ここでほとんどが残念なことになってることが多い気がする。

 あとはそのアニソンっぽい曲調がバンドとの相性がいいというのもあるかな。基本的にメランコリックでダイナミックな曲調なのでバンドで再現しやすい。これはデンパ系とかテクノ/ニューウェイブだとここまで親和性高くないだろうし。

 

 とにかくバンド含めたパフォーマンスはすごくよかった。まあこれがアイドルのライブか?と言われるとなんかちょっと違う気もするし、そういう意味では単純にガールポップなライブとしてデキがいい、と言ってもいいかもしれない。

 

 で、バンド編成によって失われたアイドル性を補っていたのがファンの応援。とにかくりおりおのファンは強い(笑)。そんなに何度もライブみてるわけじゃないけど、どのイベントで見てもとにかくファンがたくさん来てる。「あんたら普段何やってんだよ!」とまあ普段のアイドルイベントでも思う疑問が10倍増しくらいで感じるほどにファンが多い。いやほんと何やってんのよ普段(笑)。

 で、その応援もMIXやコールをふんだんに盛り込みかつ一体感が半端ない。ここの応援は基本的に黄色のサイリウム(キンブレ、ま、なんでもよろしい)をみんなが持ってるスタイルなので視覚的にもやたらと目立つ。

 

 例えばヲタ芸という意味では妄想キャリブレーションなど一体感半端ない現場もいくつかありますが、それとはまた微妙に違う意味での一体感はほんとすごいし、おもしろい。

 

 ということで非常におもしろかったワンマンだったわけですが、今回のライブでますます思ったのは、柊木りおって「水樹奈々が通っていたかもしれないもう一つの道を歩んでる人」感がすげえなあ、ということ。いやなんか規模とか全然違うんだけどなんか重なってみえるんだよねえ(笑)。

 

2016/11/10の昼食

2018/03/10

今日は、福島県相馬市に日帰り出張です。今日は遅めの昼食になりました。ラーメンを食べたかったので、地元のラーメン屋さんを探したかったのですが、帰宅が遅くなりそうだったので、高速道の南相馬鹿島のサービスエリアでラーメンを食べることにしました。

 f:id:TOMOYASU:20161114123017j:image

見た目は美味しそうですが…味は、パッとしませんでした。例えるなら、民営化する前のサービスエリアのフードコートで食べるラーメンですね。道路公団が民営化されてから、サービスエリアのレストランはかなり美味しくなってきています。こちらのサービスエリアのレストランも建物がモダンで雰囲気が良かっただけに、残念でした。

ラーメン、近日中にリベンジします。

皇国の守護者

2018/03/02

なんか、ジャケ買いしたマンガ。おもろかった。私の趣味のどストライクなマンガでした。なんか、タクティクスオウガっぽい感じが。主人公が性格悪そうな感じが良い。大人買いしよう。

皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

  • 作者: 佐藤大輔,伊藤悠
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/03/18
  • メディア: コミック
  • 購入: 7人 クリック: 556回
  • この商品を含むブログ (400件) を見る